PRIDE~次世代へつなぐ 土木施工管理技士の新しい働き方 » 【転職したい・やめたい】 土木施工管理技士の転職を考える » 防火対象物点検資格者

防火対象物点検資格者

防火対象物点検資格者とは

防火対象物点検資格者とは建物の火災予防が適切に行われているかを確認するための資格で、専門知識を持って防火対象物が安全に運用されているかどうか確認します。消防法令や火災予防などに関する専門知識を持った資格者と言えます。

防火対象物点検資格者の仕事内容

防火管理業務が不徹底だと大きな災害を起こしかねません。防火対象物点検資格者の仕事は、防火対象物の点検を行うことです。1年に1度一定の防火対象物の用途の実態や消防計画に基づいた防火管理の実施状況の火災予防にかかわる事項も含めて総合的に点検。その結果と「資格者が点検を行ったこと」を消防庁や消防署長に報告します。

また、火災予防に関する専門的知識や技能を有する人材の養成、管理者や防火管理者などに適切な助言を行うことも仕事の一部です。

防火対象物点検資格者を取得するには

防火対象物点検資格者の資格を取得するためには、防火対象物点検資格者講習を受ける必要があります。講習は計4日間にわたって実施。講習の最後に2時間の修了考査を受け、それに受かれば資格を取得できます。

ただし講習を受けるための受講資格が細かく設定されいて、受講資格を得ることができるのは以下のいずれかに該当している方のみです。

  • 消防設備士として、消防用設備等の工事・設備・点検を行う実務経験が3年以上
  • 消防設備点検資格者として、消防用設備等の点検の実務経験が3年以上
  • 防火管理者の選任者として選任された者で、実務経験が3年以上
  • 防火管理講習や防火管理講習の修了者で、防火管理上必要な業務経験が5年以上
  • 建築基準適合判定資格者検定の合格者で、建築主事や確認検査員の実務経験2年以上
  • 特定建築物調査員として、特定建築物調査の実務経験が5年以上
  • 建築設備検査員として、建築設備(昇降機を除く)および防火設備の検査の実務経験が5年以上
  • 防火設備検査員として、防火設備の検査についての実務経験が5年以上
  • 1級建築士または2級建築士として、建築物の設計もしくは工事監理または建築工事の指導監督の実務経験が5年以上
  • 建築設備士として、その実務を経験が5年以上
  • 市町村の消防職員として、火災予防に関する業務についての実務経験が1年以上
  • 市町村の消防職員として、その実務経験が5年以上
  • 市町村の消防団員として、その実務経験が8年以上
  • 特定行政庁の職員として、建築行政に関する業務(防火に関するものに限る)についての実務経験が5年以上

防火対象物点検資格者の試験概要

受講内容

    【1日目】

  • 防火管理の意義及び制度(2時間)
  • 火気管理(2時間)
  • 施設及び設備の維持管理(2時間)
  • 【2日目】

  • 防火管理に係る訓練及び教育(2時間)
  • 防火管理に係る消防計画(2時間)
  • 消防用設備等技術基準(2時間)
  • 【3日目】

  • 消防用設備等技術基準(1時間)
  • 防火対象物の点検要領(5時間)
  • 【4日目】

  • 修了考査(2時間)

参照元:一般財団法人日本消防設備安全センター
(https://www.fesc.or.jp/jukou/boka/kousyu/tebiki1.html)

修了考査の内容

修了考査の内容は、以下のとおりです。

  • 防火管理の意義と設備の維持管理関係(防火管理の意義及び制度、火気管理、施設及び設備の維持管理):12問
  • 消防設備・防火管理基準及び教育訓練関係(消防用設備等技術基準、防火管理に係る消防計画、防火管理に係る訓練及び教育):14問
  • 点検要領関係(防火対象物の点検要領):10問

合格基準

全36問中、各分野ごとに50%以上の正解、かつ全体の70%以上正解すれば合格です。

なお、修了考査はテキスト持込みが可能です。もし不合格になった場合は、修了考査を受けた日から1年以内に1回に限り修了考査を受け直すことができます。

防火対象物点検資格者の合格率

防火対象物点検資格者の難易度自体は、講習と修了試験を受けるだけで取れるため合格率90%以上と高いです。しっかり講義を聞いて、内容を理解していれば合格できる可能性が高くなります。

参照元:資格の一覧 JQOS.jp
(https://jqos.jp/kokka/bokatsishobutsutenkenshikakusha)

防火対象物点検資格者の年収

防火対象物点検資格者の年収は、約400~500万円と言われています。消防設備の点検は必ず有資格者が行う義務があるため、一定の需要があるでしょう。なお、年収は所属する会社の規模や経験、業務内容などによって異なります。

防火対象物点検資格者の働き先

防火対象物点検資格者は、消防設備会社・防災関係会社で働くことができます。また、ビルメンテナンス会社や電気設備会社などの求人もあるでしょう。消防設備点検資格者を取得すれば、消防設備の点検を通して人命を守ることが可能です。

防火対象物点検資格者は、土木・建設現場で働くうえで目指したい資格のひとつです。資格を取得することによって仕事の幅が広がり、更なるキャリアアップが目指せるでしょう。

本サイトの監修・取材協力企業

株式会社ティーネットジャパンとは

発注者支援業務において
日本を代表する企業

株式会社ティーネットジャパンは、公共事業の計画・発注をサポートする「発注者支援業務」において日本を代表する建設コンサルタントです。
建設コンサルタントにおける『施工計画、施工設備及び積算』部門の売上げで22年連続業界1位を獲得(『日経コンストラクション』2024年4月号「建設コンサルタント決算ランキング2024」)。主に官公庁の事務所に拠点をおいた業務のため、官公庁に準じた完全週休2日制。ゆとりある環境です。

株式会社ティーネットジャパン 公式サイト
引用元HP:株式会社ティーネットジャパン 公式サイト
https://www.tn-japan.co.jp/ja/
       

(株)ティーネットジャパン 全国積極採用中
求人情報をチェックする