PRIDE~次世代へつなぐ 土木施工管理技士の新しい働き方 » 【転職したい・やめたい】 土木施工管理技士の転職を考える » ハウスメーカーで働くメリット

ハウスメーカーで働くメリット

住宅メーカーとも呼ばれ、住宅の建築や販売などを行う「ハウスメーカー」。
土木施工管理技士としてハウスメーカーで働く場合のメリットやデメリット、仕事内容について解説します。

メリット

顧客との距離が近い

ゼネコンやデベロッパーのように大きなプロジェクトを動かす仕事は社会的意義の高さが魅力ですが、ハウスメーカーの作る住宅は個人の生活に寄与します。
そのため、顧客に対する価値提供がより身近に感じられるため、貢献に対する感謝も得やすく感じやすいといえるでしょう。

飛び込み営業がない

ハウスメーカーの営業は、基本的に展示場に来場する方をターゲットとします。
そのため無理な飛び込み営業などは基本的になく、住宅に興味のあるいわば「見込み客」に対して営業を行います。
問い合わせに対してアプローチしていくことが多いため、飛び込みやテレアポなどの営業に比べるとハードルは低いといえるでしょう。

社員割引がある

飲食店やアパレルなどにおいてはよくある社員割引ですが、実はハウスメーカーにもあります。
会社にもよりますが多くのハウスメーカーでは社員割引制度が用意されており、定価よりも安い価格で住宅を購入できることがあります。
実際に自分で住んでよいと感じられる家であれば、営業活動にもより取り組みやすくなるでしょう。

デメリット

今後は需要が減る可能性がある

住宅は日々進化しており、より長持ちするようになっています。
さらには少子化が進んでいる影響もあるため、中長期的に見ると日本の新築需要は減少していくと考えられています。
近年ではリフォームやリノベーションも流行してきており、「一戸建てを建てる」ことを目指す時代のピークは過ぎてしまっていると感じられます。

営業を重視される

ハウスメーカーではどちらかというと営業活動に重きを置かれる傾向にあります。
そのためターゲットに対する営業活動に力を入れなければならず、顧客からの要望や会社からのノルマなどに振り回されることもあるでしょう。
理不尽な要求や苦情などにより、精神的なダメージを受けてしまう場合もあります。

ハウスメーカーとは

ハウスメーカーというと広範囲の規模で展開する住宅建設会社のことを基本的にはいいますが、実は正式な定義はありません。
よく聞く大手メーカーの「セキスイハイム」や「大和ハウス」などといった8社会と呼ばれる組織に所属する企業を指すこともあれば、新興メーカーも含めて表すこともあります。
自社の生産設備により工業化(プレハブ化)または建築資材の一部を規格化することにより、注文住宅の大量生産を全国規模で展開している企業をハウスメーカーと呼ぶことができます。

ハウスメーカーの仕事内容

ハウスメーカーの仕事は営業、設計、現場、積算、CAD、インテリア、事務など多岐にわたります。
それぞれの職種ごとに担当を持ち仕事を進め、住宅の建築から販売、その後のアフターサポートまでを行うことになります。

本サイトの監修・取材協力企業

株式会社ティーネットジャパンとは

発注者支援業務において
日本を代表する企業

株式会社ティーネットジャパンは、公共事業の計画・発注をサポートする「発注者支援業務」において日本を代表する建設コンサルタントです。
建設コンサルタントにおける『施工計画、施工設備及び積算』部門の売上げで21年連続業界1位を獲得(『日経コンストラクション』2023年4月号「建設コンサルタント決算ランキング2023」)。主に官公庁の事務所に拠点をおいた業務のため、官公庁に準じた完全週休2日制。ゆとりある環境です。

株式会社ティーネットジャパン 公式サイト
引用元HP:株式会社ティーネットジャパン 公式サイト
https://www.tn-japan.co.jp/ja/
       

(株)ティーネットジャパン 全国積極採用中
求人情報をチェックする