PRIDE~次世代へつなぐ 土木施工管理技士の新しい働き方 » 【知識】土木重機の種類 » スクレーパ

スクレーパ

スクレーパとは

スクレーパとは、掘削・積込み・運搬・捨土・敷均といった一連の土工作業サイクルを1台でこなせる自己完結的な機械です。スクレーパには、トラクターに牽引されて作業する被けん引式スクレーパと、トラクタとスクレーパが一体化して自走できる自走式スクレーパとがあります。

現在国内にある現行車両は、電子制御エンジンの搭載や環境に配慮した排ガス基準対応、オペレーターの運転を支える省力化、低公害、低騒音などを実現したモデルがほとんどです。1本のレバー前後進や速度段のシフトを操作できるオートマチックトランスミッションも採用されています。

スクレーパの活躍場所

スクレーパは、高い土地を削って低い場所を埋める作業に適しています。そのため、宅地や工場敷地、ゴルフ場、道路敷地など、土地造成などで活躍するでしょう。スクレーパがあれば1台で土砂の掘除から積込み、1km程度までの運搬が可能なため、大規模な整地作業時に活用されることが多いです。

ただし、国内での大規模な整地作業が減少傾向であることや現場間での輸送が困難であることから使用機会は少なくなっていて、現在では発展途上国での需要の方が多くなっています。

スクレーパの種類

自走式スクレーパ(モータスクレーパ)

自走式スクレーパは、全長が長いのが特徴です。トレーラーのように中折れ式になっていて、前方には運転席と前輪が。後方には巨大なバケツのような容器が付いていて、さらにその後ろに後輪があります。

前輪と後輪の間に土砂を削り取る刃を備え、削った土砂は刃の上部の容器に送って地面の切削と敷きならしを行います。自走式スクレーパは被けん引式スクレーパと比較して走行速度が速く、長距離の運搬にも適しています。

被けん引式スクレーパ(キャリオールスクレーパ)

被けん引式スクレイパーは、原動機を搭載しないスクレーパです。単体での自走はできず、トラクターやブルドーザーでけん引を行います。けん引トラクターに2ドラムウインチを装着してそのワイヤロープによって作業させるケーブル式と、スクレーパの油圧シリンダを作業させる油圧式とに分類。現在では操作が容易な油圧式が主流です。

自走式スクレーパと比べると走行能力に劣りますが、原動機や運転席部分がないため小型で、現場への搬入性に優れています。けん引機械に履帯式の機械を用いることが多いことから、軟弱地や不整地、勾配のある地形などでの使用に適しているでしょう。

プッシャ

プッシャは、積込作業の際に使用する後押し用のトラクターのことです。スクレーパだけでは掘削・削り取り能力が不足していることが多く、クローラ式やホイール式のトラクターで後押しする必要があります。

スクレーパを扱うための資格

スクレーパをはじめとした掘削機の操縦には、「大型特殊免許」と「車両系建設機械特別教育」「車両系建設機械運転技能講習」が必要です。

大型特殊免許

大型特殊免許は、特殊な機能をもつ車両を公道で運転するために必要な免許です。取得方法には、教習所に通う方法と試験場で一発合格する方法、合宿免許で取得する方法があります。取得方法によってかかる費用や日程は異なるので気を付けましょう。

また、普通免許を持っていれば学科試験は免除されます。受験資格は18歳から。なお、大型特殊免許を持っているだけで掘削機を操縦できるわけではありません。

小型車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用)特別教育

機体質量が3トン未満の車両系建設機械のうち、掘削用の機械で動力を用い、かつ不特定の場所に自走できるものの運転する場合は、小型車両系建設機械特別教育を受けなくてはいけません。講習には学科と実技があります。

車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用)運転技能講習

機体質量3トン以上の車両系建設の運転をする場合、労働安全衛生法に基づく運転技能講習を修了することが義務付けられています。受講時間は現在保有している資格や業務経験によって異なるので注意しましょう。

車両系建設機械(解体用)運転技能講習修了者は最短の6時間で、初心者の場合は最長の38時間です。

まとめ

スクレーパには主に2種類あり、それぞれ特徴が異なります。重機についての知識をしっかり身に付けておくことは重要です。スクレーパの機能や構造、取り扱う上で必要な資格などを把握することで、土木施工管理技士として工事をよりスムーズに進めることができるでしょう。

本サイトの監修・取材協力企業

株式会社ティーネットジャパンとは

発注者支援業務において
日本を代表する企業

株式会社ティーネットジャパンは、公共事業の計画・発注をサポートする「発注者支援業務」において日本を代表する建設コンサルタントです。
建設コンサルタントにおける『施工計画、施工設備及び積算』部門の売上げで21年連続業界1位を獲得(『日経コンストラクション』2023年4月号「建設コンサルタント決算ランキング2023」)。主に官公庁の事務所に拠点をおいた業務のため、官公庁に準じた完全週休2日制。ゆとりある環境です。

株式会社ティーネットジャパン 公式サイト
引用元HP:株式会社ティーネットジャパン 公式サイト
https://www.tn-japan.co.jp/ja/
       

(株)ティーネットジャパン 全国積極採用中
求人情報をチェックする