PRIDE~次世代へつなぐ 土木施工管理技士の新しい働き方 » 【知識】土木工事の種類 » 鋼構造物工事

鋼構造物工事

鋼構造物工事について解説します。工事の具体例や区別が難しい別種の工事との違い、関連する資格についても紹介。建設工事や土木工事に関する知識を深めるためのヒントとして、ぜひ参考にしてみてください。

鋼構造物工事とは?

建設業許可における鋼構造物工事は「形鋼・鋼板等の鋼材の加工、あるいは組立てにより工作物を築造するための工事」であると定義されています。

鋼構造物とは?

鋼構造物とは、主要な部分が鋼材でできている構造物を意味します。たとえば、鉄骨が使用されている建物・鉄塔や鋼構造の橋梁・鋼橋、風力発電のプロペラ塔、鋼製水門や起伏ゲートといった河川管理施設などが代表例としてあげられます。

ちなみに、鉄骨が使用されている構造物であっても、RC構造の鉄筋コンクリート造りやSRC構造の鉄骨鉄筋コンクリート造りなどに代表されるような、コンクリート中に鉄筋・鉄骨が埋め込まれているものは、ここでいう鋼構造物には該当しません。

鋼構造物工事の具体例

鋼構造物工事にはいくつかの種類があります。ここでは6つピックアップして紹介していきます。それぞれの工事の特徴についてみていきましょう。

鉄骨工事

鍛冶工や鉄骨工が、鉄骨の製作・加工・組み立てをおこなう工事です。製作から組み立てまでのプロセスをまとめてひとつの工事として実施するのが特徴です。なお、組み立てには溶接などの手法が採用されます。

橋梁工事

橋梁を設置するための工事です。海・川・谷・道路などの上を横切ることができるように設置します。

門扉設置工事

運河や河川のほか、用水路、湖沼、貯水池などに閘門や水門などを設置するための工事です。ちなみに、閘門(こうもん)とは、水位に差がある河川や運河などのあいだで、船を上下させるための装置のことです。

屋外広告工事

看板、広告塔、広告板などの屋外広告物を設置する工事です。

鉄塔工事

鉄塔を設置するための工事です。対象は、鉄骨で構成されている鉄塔のみです。

タンク設置工事

石油やガスなどの、貯蔵用のタンクを設置するための工事です。石油やガスは危険物ですから、充分な強度が求められます。

鋼構造物工事と混同しがちなそのほかの工事

鋼構造物工事に含まれる「鉄骨工事」において注意が必要なのは、「とび・土工・コンクリート工事業」に含まれる「鉄骨の組み立て工事」との違いについてです。「とび・土工・コンクリート工事業」の「鉄骨の組み立て工事」は、建設現場で、加工済みの鉄骨を現場で組み立てる業務を対象としている工事です。技術者(鉄骨とび)がこの工事を担当しています。対して鋼構造物工事のいう鉄骨工事は、鉄骨自体の製作・加工から対応します。

さらに、「鋼構造物工事業」に含まれる屋外広告工事と「とび・土工・コンクリート工事業」に含まれる屋外広告物設置工事との違いにも注意しましょう。鋼構造物工事の屋外広告工事は、現場にて屋外広告物の製作加工から設置までの全プロセスすべてを対象としています。それ以外の工事はとび・土工・コンクリート工事業の屋外広告物設置工事に該当します。

鋼構造物工事業に関連する資格

土木鋼構造物の診断・検査の業務ための「土木鋼構造診断士・土木鋼構造診断士補」という資格があります。これは、民間資格のひとつで、一般社団法人日本鋼構造協会の認定によるものです。平成27年には、国土交通省の技術者資格として登録されています。

参照元:ツクリンク 鋼構造物工事業とは?(https://tsukulink.net/job_types/11/description)

土木鋼構造診断士・土木鋼構造診断士補の受験資格

受験するには、実務経験が必要です。その年数については、学歴や資格取得状況によって求められる長さは異なります。大学で土木工学課程を学んだ場合は7間年以上です。また、土木鋼構造診断士補を取得しているのであれば、取得後3年間以上となります。高卒(土木工学課程)の場合は11間年以上の実務経験が求められます。

そして、高卒の方が土木鋼構造診断士補を取得している場合は、資格取得後5年間以上の実務経験が必要です。それ以外の学歴では、13年間以上の実務経験が必要になります。

ちなみに、土木鋼構造診断士補の試験を受けるには、大卒(土木工学課程)の人であれば1年間以上、高卒(土木工学課程)の人は3年間以上、そして、それ以外の学歴の人は5間年以上の実務経験が、それぞれ受験資格として設定されています。

参照元:ツクリンク 鋼構造物工事業とは?(https://tsukulink.net/job_types/11/description)

まとめ

土木施工管理技士の資格取得を目指して、将来的に現場監督としての立場で活躍していきたいと考えている方は、さまざまな種類の工事に関する知識を持っておくことが大切です。土木鋼構造診断士・土木鋼構造診断士補といった資格取得を目指して勉強することは、キャリアの選択肢を広げるうえで意味のあることだといえるでしょう。

本サイトの監修・取材協力企業

株式会社ティーネットジャパンとは

発注者支援業務において
日本を代表する企業

株式会社ティーネットジャパンは、公共事業の計画・発注をサポートする「発注者支援業務」において日本を代表する建設コンサルタントです。
建設コンサルタントにおける『施工計画、施工設備及び積算』部門の売上げで20年連続業界1位を獲得(『日経コンストラクション』2022年4月号「建設コンサルタント決算ランキング2022」)。主に官公庁の事務所に拠点をおいた業務のため、官公庁に準じた完全週休2日制。ゆとりある環境です。

株式会社ティーネットジャパン 公式サイト
引用元HP:株式会社ティーネットジャパン 公式サイト
https://www.tn-japan.co.jp/ja/
       

(株)ティーネットジャパン 全国積極採用中
求人情報をチェックする