PRIDE~次世代へつなぐ 土木施工管理技士の新しい働き方 » 【2019】おさえておきたい土木建設業界「旬ワード」 » 羽田空港の工事計画について

羽田空港の工事計画について

大きな工事プロジェクトである羽田空港の工事計画の全貌についてご紹介します。

羽田空港の工事計画

第1・2ターミナルの拡張工事

2つの視点から取り組まれている羽田空港の工事計画の1点目が「第1・2ターミナルの拡張工事」です。

第1ターミナルには、北サテライト新設工事と、サテライト施設への6基のボーディングブリッジ設置が予定されています。24番スポット付近からサテライトに通じる連絡通路も新設予定。完成後は、JALとスカイマークが使用予定です。

第2ターミナルは、北サテライトと本館を接続する増設工事と、既存施設同士を連結し、さらに連結部位に3基のボーディングブリッジ設置され、ANAが使用予定となっています。

空港直下の鉄道トンネル整備

2点目は、羽田空港直下の鉄道トンネルの整備です。基盤整備などは国土交通省が行い、2023年に着工予定。新しくできる羽田空港アクセス線の駅は、羽田空港の第1ターミナルと第2ターミナルの間に新設されます。

羽田空港アクセス線とは

羽田空港工事とともに注目しておきたいのが、羽田空港アクセス線事業でしょう。より空港アクセスがスムーズになるための改善が期待されています。

新しい鉄道プロジェクトとして方向性が固まっているのは以下の3件です。

  • 羽田空港アクセス線(JR東日本)
  • 新空港線(東急)
  • 羽田空港国内線ターミナル引上線新設(京急)

JR東日本によると、新設される羽田空港新駅(仮称)から東京貨物ターミナル駅間の「アクセス新線」、東京貨物ターミナル駅と東京駅方面を結ぶ「東山手ルート」、東京貨物ターミナル駅と新宿駅方面を結ぶ「西山手ルート」、東京貨物ターミナル駅と房総方面を結ぶ「臨海部ルート」が対象と明らかにしています。

羽田空港工事の期間

気になる羽田空港工事の期間を確認していきましょう。

第2ターミナルの拡張工事については、着工が2022年9月以降で、完成は2025年1月末頃が予定されています。現段階では、施工業者を募集している段階であるため、当初の予定よりもずれ込んできている状態です。

第1ターミナルの拡張工事においても、拡張工事が予定されており、こちらは2030年頃に第1ターミナルと第2ターミナルが接続できるとみられています。

羽田空港工事に関連する発注

最後に、羽田空港工事に関連する発注見通しをご紹介します。国土交通省東京交通局によると、工事26件、業務29件が発注予定となっています。具体的な工事は以下の通りです。

  • A誘導路の補修工事
  • 共同溝の回収
  • 供給処理施設管理センターの上水道設備
  • 公益共同溝非常電話設備の更新改良など 26件

業務も確認しておきましょう。

  • 国際線旅客検査施設の在り方検討調査
  • 上下水道施設の更新基本設計
  • 新庁舎機械施設の更新基本調査
  • 着陸帯の定期点検調査など 29件

委託先は一般競争入札で選ぶ予定としています。

まとめ

土木施工管理技士の仕事は羽田空港工事などの社会のインフラ整備に携わる事業を請け負うなどやりがいのある仕事です。業務自体が人々の暮らしをより豊かにし、安全を守ることにもつながるのでモチベーションにもつながりますね。

本サイトの監修・取材協力企業

株式会社ティーネットジャパンとは

発注者支援業務において
日本を代表する企業

株式会社ティーネットジャパンは、公共事業の計画・発注をサポートする「発注者支援業務」において日本を代表する建設コンサルタントです。
建設コンサルタントにおける『施工計画、施工設備及び積算』部門の売上げで20年連続業界1位を獲得(『日経コンストラクション』2022年4月号「建設コンサルタント決算ランキング2022」)。主に官公庁の事務所に拠点をおいた業務のため、官公庁に準じた完全週休2日制。ゆとりある環境です。

株式会社ティーネットジャパン 公式サイト
引用元HP:株式会社ティーネットジャパン 公式サイト
https://www.tn-japan.co.jp/ja/
       

(株)ティーネットジャパン 全国積極採用中
求人情報をチェックする