PRIDE~次世代へつなぐ 土木施工管理技士の新しい働き方 » 【2019】おさえておきたい土木建設業界「旬ワード」 » プロポーザル方式とは

プロポーザル方式とは

公共工事を請け負うとき、入札やコンペなどを実施するのが一般的です。プロポーザル方式もその一つで、企画競争入札という発注形式になります。このページでは、他の方式との違いやプロポーザル方式のメリット、注意点などを分かりやすく紹介するので参考にしてください。

プロポーザル方式とは

プロポーザル方式は企画競争入札とも呼ばれ、高度な技術や専門的なスキルが求められる業務に用いられる発注形式のことです。業務を受注したいと考えている事業者は、提示されたテーマをもとに金額や方針などを提案し、発注者側は提案された内容をトータルで評価し発注者を決めていきます。

このプロポーザル方式が用いられるのは、建設コンサルタント業務・システムコンサルタント業務・アドバイザリー業務・研修業務などの分野です。高い知識や企画力が求められるので、受注経験が少ない事業者や企画力に自信がない事業者にとっては非常に難しい入札方法と言えるでしょう。

入札・コンペとの違い

入札とプロポーザル方式の違いは、価格か提案力かです。自治体からの工事の発注などで用いられる入札は、ある程度やり方・規格などが統一されているため、価格重視で発注先を決めていきます。価格のみで比較する方法なので、非常に公平性が保たれやすいというメリットがあるでしょう。一方、プロポーザルは価格よりも提案力に基づき、発注先を決めていく方式です。たとえばデザイン・設計・マーケティング・プロモーション・研修・教育など多岐にわたっての選考基準があります。そのため価格だけでなく、重視したいポイントが多いケースではプロポーザル方式の方が選びやすいでしょう。

プロポーザル方式は、コンペと同じように思われがちです。しかしプロポーザル方式は提案者、コンペは提案を選ぶ方法になります。両者はどちらも価格だけでなく、どのような企画なのかの提案も総合的に判断するという点は同じでしょう。しかしプロポーザル方式は内容だけでなく、実績や地域貢献度、実施体制なども判断材料となり、提案者も考慮したうえで選ばれます。一方、コンペは提案の内容そのものを選ぶため、会社自体は評価材料にはなりません。その点も考えておかなければ、プロポーザル方式を勝ち抜くことはできないでしょう。

プロポーザル方式のメリット

時間・労力・費用の負担が軽減

プロポーザル方式は、一般的に具体的な実施方針・設計体制・実績・提案に対する技術力など様々な提案書類を作成することがメインとなります。そのためコンペよりも発注者側・提出者側の両者にとって簡単に対応しやすいというメリットがあるでしょう。

コラボレーションによる質の高さ

プロポーザル方式の場合、提案者を選定したあとで具体的に発注者と提案者が話し合いながら、業務を進めていきます。そのため密接に業務を練ることができ、質の高い成果が得られやすくなるでしょう。

要望を反映しやすい

プロポーザル方式は発注者・提案者のコラボによってプロジェクトが進捗していきます。そのため発注者の要望も反映させやすい方法と言えるでしょう。

利益が大きくなりやすい

価格で全てが決まる入札であれば、徹底的にコストを抑える必要があります。しかしプロポーザル方式であれば、価格だけでなく総合的に判断されるので、比較的利益が大きくなりやすいでしょう。

プロポーザル方式の注意点

評価の基準を把握しておく

プロポーザル方式は価格だけでなく、様々なポイントで評価されます。提案内容以外にも企業の実績や技術力なども評価の基準となるので、その点も踏まえてプロポーザル方式に参加するようにしましょう。

仕様書を把握しておく

発注者は公募の仕様書などを作成しています。その内容を把握し、細部まで規定などを確認し理解しておきましょう。少しでも不明な点があれば、発注者に確認することが大切です。

競合他社の情報収集

プロポーザル方式を勝ち抜くためには、競合他社の情報を収集することが大切です。競合他社の実績などを収集し、事前に勝てる見込みなどを判断しましょう。とくに自治体が行っているプロポーザル方式の場合、過去の実績を重視しやすいため、初めて参加する企業だと落札が難しいケースもあるようです。

まとめ

プロポーザル方式は高度な技術や専門性などが必要な案件で用いられる発注形式です。初めての方にとっては少しハードルが高くなりがちですが、受注できれば大きな利益につながるでしょう。経験や実績、提案力などに自信があるなら、一度チャレンジしてみてくださいね。

本サイトの監修・取材協力企業

株式会社ティーネットジャパンとは

発注者支援業務において
日本を代表する企業

株式会社ティーネットジャパンは、公共事業の計画・発注をサポートする「発注者支援業務」において日本を代表する建設コンサルタントです。
建設コンサルタントにおける『施工計画、施工設備及び積算』部門の売上げで20年連続業界1位を獲得(『日経コンストラクション』2022年4月号「建設コンサルタント決算ランキング2022」)。主に官公庁の事務所に拠点をおいた業務のため、官公庁に準じた完全週休2日制。ゆとりある環境です。

株式会社ティーネットジャパン 公式サイト
引用元HP:株式会社ティーネットジャパン 公式サイト
https://www.tn-japan.co.jp/ja/
       

(株)ティーネットジャパン 全国積極採用中
求人情報をチェックする